日曜にハチ高原へスキーに行ってきました

播但道のトンネルを抜けるとうっすら白く雪が

それでもスキー場近くの坂道付近まではそのままでOK

峠道の前でしっかりチェーンを装着しグングン登る

しばらくすると渋滞    

動き出したと思いきや、前の車が、、、ズリズリ

ドライバー;「どうしたらいいっすかね!?」 泣きそうだ

わたし;「押すから」

ドライバーは何を思ったか、押し始めた

心情的に一緒に押さなきゃ申し訳ない気持ちはわかるけど

いやいや誰が運転するん??

数人がかりで 「せーーーーのっ」 

ズリズリ ブィーーーーー           

2年連続で車を手押し

残念なのは、走り去った車からお礼を言われることがない

残ったのは、少しの腰痛 と 静かな達成感 だけ、、、